引き寄せの法則の失敗談

僕が引き寄せの法則のことを知ったきっかけは高校生の頃、たまたま行きつけの本屋で「大丈夫!うまくいくから―感謝がすべてを解決する」という本を見かけたことでした。

 

ご多分に漏れず、僕も多感な10代の頃は不安やそれに伴うイライラで感情をかき乱されることが多く悩んでいました。

 

そんな時代に

 

  • 感謝をすれば色んな願いが、驚くくらい信じられないことが叶う
  • 「叶わないかも」「駄目かも」という不安や心配などを、感謝で払拭すれば大丈夫
  • 恋愛にも応用できる

 

などと綴っている本に出会ったのでとても興奮して読んでいたことを覚えています。
著者の浅見帆帆子さんの語り口も非常に柔らかく、読みやすかったためすぐに読み終わりました。

 

そんなわけで、早速実践に走りました。

 

 

今でも語るのはかなり恥ずかしいのですが、叶えたかったのは恋愛の願いです。

 

その当時、僕には好きな娘がいました。僕のようなスクールカースト底部の奴には手の届かない、男子から人気のあるような娘です。

 

その本のとおり自分とその娘が付き合っている光景を想像したりして、とにかく「その娘と付き合う!」と引き寄せようとしました。

 

引き寄せの法則では「既に〜している」と断言するような願い方をするものだとされていますが、流石に「もうあの娘は俺の彼女だ」などという言い方をする気にはなれませんでした。

 

するとどうでしょう。嘘みたいな話ですが、クラスの席替えで2連続その娘の隣の席になるではありませんか。平静を装いながらも、僕の心の中はパレード状態でした。

 

 

 

が、そこまででした。

 

 

 

席が隣になったのを最後に、大して進展もしないまま別々のクラスに。更に別々の大学に進学してそれで終わり。

 

何度か想いを伝えたりもしたのですが、疎遠さに拍車をかけるだけに終わりました。

 

 

 

引き寄せの法則の観点から言えば、恋愛というものは執着になりやすいので引き寄せの法則を適用するのはかなり難しいです。

 

特に、特定の異性でなければ駄目なんだという気持ちは大きな足かせになりますからね。現実には引かれる行動や不安に囚われて行動できないといった形で表出しやすいです。

 

元々女の子と話をすることもまともに出来ない上に、話題のアーティストだとか番組だとかその娘の好きな物を好きになれないので共通の話題も見つけられず、心の中の「どうせ僕みたいな奴は気持ち悪がられるだけだ」という不安も払拭できない。

 

物凄く滑稽な話ですが、「話しかけてくれれば気の利いた一言が言えるのにー!」などとワケの分からない身勝手な苛立ちを抱えていました。

 

こんな有様では友達として付き合っても楽しいはずがありません。

 

 

 

また、このブログ的にはこっちのほうが肝心なのですが、その娘の気持ちをこっちに向けようとするよりも、女性ときちんと恋愛が出来るように自分自身が変わることを引き寄せなかったことが大きな原因でしょう。

 

この法則は残念ながら他人の心を動かすことには適していません。今回のケースの場合、叶いやすい状況(隣の席)を引き寄せた所で、「嫌われることを過度に恐れず好きな女の子と話せる自分になる」ことをまず願わなければ何も変わりません。

 

不安を拭うには、自ら重い腰を上げるのが一番なのです。

 

この点はお金儲けにも同じことがいえます。

 

「これで大丈夫なのかな」と考え込むよりは、「失敗してもいいや」とさしたる執着もなく動いた方が成功しやすいものです。

 

アフィリエイトやせどりなど、方法を選びさえすれば恋愛と違って少ないリスクで活動することが出来るので強気に行きましょう。

 

 

 

今回は引き寄せの法則の失敗談ということでやや赤裸々な話をしてみました。

 

あなたがこれから引き寄せの法則を使おうというのなら、自分が変化することを勘定に入れることをどうか胸に留めておいて下さい。

 

 

 

関連ページ

年に120日休みがない会社はブラック扱いでいい
管理人、中島拓の考えについて
転職が不安なら副業をやろう
管理人、中島拓の考えについて
住むところを自由に決められるアフィリエイトビジネス
管理人、中島拓の考えについて
定年まで働くことが想像できない
管理人、中島拓の考えについて
短期目標を目指す際の注意点
管理人、中島拓の考えについて
管理人の夢
管理人、中島拓の考えについて
自分を信じるもう一つの方法
管理人、中島拓の考えについて
思い通りにならないことに悩み続けた結果
管理人、中島拓の考えについて
「勝ち組」って何だ?
管理人、中島拓の考えについて
社会不適合者は就職しづらい辛い世の中
管理人、中島拓の考えについて
習慣を身につけるコツを調べてみた
管理人、中島拓の考えについて
セミリタイアしないと辛い未来が待っている?
管理人、中島拓の考えについて
何故勉強がつまらないのか?座りっぱなしでは勉強にならない!
管理人、中島拓の考えについて
辛いなら、一旦仕事を辞めてみるのも良い
管理人、中島拓の考えについて
田舎で働きたいならアフィリエイト
管理人、中島拓の考えについて
好きなことをして生きていく方法は無いのか?
管理人、中島拓の考えについて
引き寄せの法則は本当に効果があるのか
管理人、中島拓の考えについて
お金があれば幸せなのか?
管理人、中島拓の考えについて
30代を目前にして仕事観を振り返ってみた
管理人、中島拓の考えについて
プレミアムフライデーの最も贅沢な過ごし方
管理人、中島拓の考えについて
チャンスを掴む人の共通点
管理人、中島拓の考えについて
先延ばし癖が直らない理由
管理人、中島拓の考えについて
セルフイメージは嘘?セルフイメージはこんなにも強力!
管理人、中島拓の考えについて
成功するために成功したい理由を並べてみた
管理人、中島拓の考えについて
今の時代貯金は無意味なので自己投資をしよう
管理人、中島拓の考えについて
昇給を目指すよりも副業をやろう
管理人、中島拓の考えについて
人のせいにする限りは一生幸せになれない
管理人、中島拓の考えについて
成功するまでは仕事を辞めないほうがいい
管理人、中島拓の考えについて
30代の自分から見た幸せとは
管理人、中島拓の考えについて
将来が不安なら、自分で稼ぐ術を身に着けよう
管理人、中島拓の考えについて
退職してから転職活動をした感想
管理人、中島拓の考えについて
こんな労働環境で働きたいです。
管理人、中島拓の考えについて
働きだすと長い休みが取れなくなるのは嫌だ
管理人、中島拓の考えについて
週末が思うように過ごせないのは平日の辛さに原因があった
管理人、中島拓の考えについて
外国には病気休暇というものがあるらしい
管理人、中島拓の考えについて
やりたいことなんて無くて当たり前
管理人、中島拓の考えについて
飲み会に時間を使いたくない
管理人、中島拓の考えについて
習慣づくりに決意なんて邪魔なだけ
管理人、中島拓の考えについて
これまでに僕が試した「怒りを消す方法」
管理人、中島拓の考えについて
落ち込みやすい、怒りっぽい人は自分に取り込む情報を選ぼう
管理人、中島拓の考えについて
時間を犠牲にしてまでお金を稼ぎたくない
管理人、中島拓の考えについて
簡単な時間の作り方
管理人、中島拓の考えについて
ランキングに従うような生き方に疑問を持って良かった
管理人、中島拓の考えについて
僕が派遣社員を選んだ理由
管理人、中島拓の考えについて
一人暮らしは自分を高めるのに役立つ?メリットを解説してみた。
管理人、中島拓の考えについて
心のブレーキを壊すには衝撃的な体験をするのが良い
管理人、中島拓の考えについて
やめられない習慣をやめるための第一歩
管理人、中島拓の考えについて
あなたが成功するのは本当に良い事なのか?
管理人、中島拓の考えについて
自己投資してはいけない理由を必死で考えてみた
管理人、中島拓の考えについて
学校教育の「常識」は自由へのブレーキを育てる
管理人、中島拓の考えについて
考えることは行動することからは最も遠いもの
管理人、中島拓の考えについて
感情をコントロールすれば成功できる確率は飛躍的に上昇する
管理人、中島拓の考えについて
社会人に向いていないなと悟った時
管理人、中島拓の考えについて
社会人という言葉が嫌い
管理人、中島拓の考えについて
プラス思考の力が信じられないなら、信じなくても良いんです!
管理人、中島拓の考えについて
「他人のせいだ」がなくなれば人生は確実に変わっていく
管理人、中島拓の考えについて
1日8時間働くという常識
管理人、中島拓の考えについて
他人に定められた休みでは心が休まらない
管理人、中島拓の考えについて

TOPに戻る お問い合わせ プロフィール おすすめ記事 メルマガ