今の時代貯金は無意味なので自己投資をしよう

かつてこの国には年10%の利息がつく定期預金がありました。

 

お金持ちしか使えないような特別な預金制度でしょうか?いいえ、違います。これは70、80年代のこの国の郵便貯金の定期預金金利です。

 

凄いですね。単純に考えて3000万円貯金があれば年300万円貰える計算です。

 

何の能力も持っていなくても贅沢さえしなければ余裕を持って暮らせる金額が貰える。そんな時代がこの国にもありました。

 

 

そして現代。前述した金利は小数点以下が当たり前。高くて1%とかそれくらいです。

 

3億円預けてやっと年300万円。これは厳しい。

 

にも関わらず、現代でも「貯金しておかないといけない」という価値観が蔓延…下手をすると強化され続けています。

 

無理も無い事です。相も変わらず就職は難しいままだし、給料も上がらない。僕らが貰えるであろう年金額の見込みも世代ごとにどんどん下がりつつあります。

 

とりわけ僕らの親の世代は「貯金はしておけ」と言います。

 

働けば働いただけ暮らしが楽になる時代を経験した方々ですから、「いざという時もしくは老後のためにもお金は溜め込んでおくべき」という価値観が備わってしまうのは無理もないことでしょう。

 

勿論、窮乏してもいないのに「宵越しの銭は持たねぇ」などと言わんばかりに無意味に稼ぎを使い果たすような生活は論外です。

 

ですが、だからと言って使わないお金を全部銀行に預けておくのはいかがなものでしょうか?

 

22歳から65歳まで一生懸命働いて毎月平均6万円貯金出来たとして、溜まる金額は金利を含めて約3100万円です。

 

会社勤めで財形貯蓄制度を利用できたとして、仮に400万円加わり3500万円が溜まったとしましょう。

 

一見すると大金ですが、年老いて若い頃のように仕事ができなくなってからもお金は必要になります。

 

一生独身を貫くにしても、この金額で果たして路頭に迷わずにいわれるでしょうか?

このように貯金だけを当てにしていると、生きているうちに路頭に迷う可能性が非常に高いです。

 

 

では一体どうすれば良いのでしょうか?

 

稼いだお金を増やすにはどうすれば良いのか?

 

それにはやはり投資するのが一番です。

 

投資と言っても、単に株や貴金属取引をすることだけを指すわけではありません。

 

僕がおすすめするのは自己投資です。

 

収入を増やすために勉強をするのです。

 

分かりやすいところでは、資格を取ってよりよい賃金の見込める新しい職場に移るという道がありますね。

 

更に世の中には、ネット副業をはじめとして会社の給料以外にもお金を得る手段はたくさんあります。

 

そのための知識を得るために本を読んだり、セミナーに通ったりするのも良いでしょう。

 

確かに知識を実践に移したとして必ずお金を儲けられるとは限りません。ひょっとしたら10万円使ってそのまま10万円損することもあるかも知れません。

 

ですが、成功するまで諦めなければ必ず道は開けます。

 

自己投資のメリットは何と言っても一度身に付けた知識や経験は一生自分のモノになるということです。

 

そのおかげでたとえ失敗しても次に成功する確率は確実に高くなります。

 

また、自分が身に着けたスキルは他の人に教えることも出来ます。あなたの大事な人に厳しい世の中を少しでも楽に生きるノウハウを教える…なんてことも可能です。

 

 

 

単に働けば働いたほど蓄えが増えた時代と違って、生活を維持もしくはより良くしていくには自己投資が不可欠です。

 

現在の暮らしに満足しているのであればそれはそれで大変良いことと思います。しかし、残念ながら安定した生き方というものはとっくの昔に幻想と成り果てています。

 

あなたの生活を守るためにも、自己投資を始めることをおすすめいたします。

追記

 

ついでに言ってしまうと、僕は「貯金をしておけば大丈夫」ということと並んで「働けるのは幸せ」という価値観も古いものだと思います。

 

働けるというのは本当に良い事です。健康で元気なのに越したことはありませんからね。

 

僕の両親にも末永く元気に幸せでいてほしいと思ってします。

 

ですが、このフレーズは人々をその月その月をやっと生きられるぐらいの賃金で健康寿命を使い切るまで働かせるために広められた都合のいい方便に聞こえてならないのです。

 

 

どうせなら「働きたければ働けるし、働きたくなければ働かなくても良いのが幸せ」だと言って欲しいものです。

関連ページ

年に120日休みがない会社はブラック扱いでいい
管理人、中島拓の考えについて
転職が不安なら副業をやろう
管理人、中島拓の考えについて
住むところを自由に決められるアフィリエイトビジネス
管理人、中島拓の考えについて
定年まで働くことが想像できない
管理人、中島拓の考えについて
短期目標を目指す際の注意点
管理人、中島拓の考えについて
管理人の夢
管理人、中島拓の考えについて
自分を信じるもう一つの方法
管理人、中島拓の考えについて
思い通りにならないことに悩み続けた結果
管理人、中島拓の考えについて
「勝ち組」って何だ?
管理人、中島拓の考えについて
社会不適合者は就職しづらい辛い世の中
管理人、中島拓の考えについて
習慣を身につけるコツを調べてみた
管理人、中島拓の考えについて
セミリタイアしないと辛い未来が待っている?
管理人、中島拓の考えについて
何故勉強がつまらないのか?座りっぱなしでは勉強にならない!
管理人、中島拓の考えについて
辛いなら、一旦仕事を辞めてみるのも良い
管理人、中島拓の考えについて
田舎で働きたいならアフィリエイト
管理人、中島拓の考えについて
好きなことをして生きていく方法は無いのか?
管理人、中島拓の考えについて
引き寄せの法則は本当に効果があるのか
管理人、中島拓の考えについて
お金があれば幸せなのか?
管理人、中島拓の考えについて
30代を目前にして仕事観を振り返ってみた
管理人、中島拓の考えについて
プレミアムフライデーの最も贅沢な過ごし方
管理人、中島拓の考えについて
チャンスを掴む人の共通点
管理人、中島拓の考えについて
先延ばし癖が直らない理由
管理人、中島拓の考えについて
セルフイメージは嘘?セルフイメージはこんなにも強力!
管理人、中島拓の考えについて
成功するために成功したい理由を並べてみた
管理人、中島拓の考えについて
昇給を目指すよりも副業をやろう
管理人、中島拓の考えについて
人のせいにする限りは一生幸せになれない
管理人、中島拓の考えについて
成功するまでは仕事を辞めないほうがいい
管理人、中島拓の考えについて
30代の自分から見た幸せとは
管理人、中島拓の考えについて
将来が不安なら、自分で稼ぐ術を身に着けよう
管理人、中島拓の考えについて
退職してから転職活動をした感想
管理人、中島拓の考えについて
こんな労働環境で働きたいです。
管理人、中島拓の考えについて
引き寄せの法則の失敗談
管理人、中島拓の考えについて
働きだすと長い休みが取れなくなるのは嫌だ
管理人、中島拓の考えについて
週末が思うように過ごせないのは平日の辛さに原因があった
管理人、中島拓の考えについて
外国には病気休暇というものがあるらしい
管理人、中島拓の考えについて
やりたいことなんて無くて当たり前
管理人、中島拓の考えについて
飲み会に時間を使いたくない
管理人、中島拓の考えについて
習慣づくりに決意なんて邪魔なだけ
管理人、中島拓の考えについて
これまでに僕が試した「怒りを消す方法」
管理人、中島拓の考えについて
落ち込みやすい、怒りっぽい人は自分に取り込む情報を選ぼう
管理人、中島拓の考えについて
時間を犠牲にしてまでお金を稼ぎたくない
管理人、中島拓の考えについて
簡単な時間の作り方
管理人、中島拓の考えについて
ランキングに従うような生き方に疑問を持って良かった
管理人、中島拓の考えについて
僕が派遣社員を選んだ理由
管理人、中島拓の考えについて
一人暮らしは自分を高めるのに役立つ?メリットを解説してみた。
管理人、中島拓の考えについて
心のブレーキを壊すには衝撃的な体験をするのが良い
管理人、中島拓の考えについて
やめられない習慣をやめるための第一歩
管理人、中島拓の考えについて
あなたが成功するのは本当に良い事なのか?
管理人、中島拓の考えについて
自己投資してはいけない理由を必死で考えてみた
管理人、中島拓の考えについて
学校教育の「常識」は自由へのブレーキを育てる
管理人、中島拓の考えについて
考えることは行動することからは最も遠いもの
管理人、中島拓の考えについて
感情をコントロールすれば成功できる確率は飛躍的に上昇する
管理人、中島拓の考えについて
社会人に向いていないなと悟った時
管理人、中島拓の考えについて
社会人という言葉が嫌い
管理人、中島拓の考えについて
プラス思考の力が信じられないなら、信じなくても良いんです!
管理人、中島拓の考えについて
「他人のせいだ」がなくなれば人生は確実に変わっていく
管理人、中島拓の考えについて
1日8時間働くという常識
管理人、中島拓の考えについて
他人に定められた休みでは心が休まらない
管理人、中島拓の考えについて

TOPに戻る お問い合わせ プロフィール おすすめ記事 メルマガ