引き寄せの法則は本当に効果があるのか

今回は願いを叶える系の定番ノウハウ、引き寄せの法則についてお話しようと思います。

 

皆さんは引き寄せの法則をご存知でしょうか?かなり有名な代物なので、皆さんも聞いたことがあるでしょう。

 

知らない人のために説明しておくと、

 

「私は〇〇だ」と思い込むと、〇〇という現実が引き寄せられる

 

というモノです。

 

この思い込みはセルフイメージとも言われます。

 

引き寄せの法則についてネット上を漁ってみると、引き寄せの法則を扱ったサイトがボロボロ出てきます。

 

彼らは往々にして引き寄せの法則を使い実際に願いを叶えて人が羨むような立場にいる人で、今まさに引き寄せの法則を使って実際に苦境を抜け出してる最中だよ、という人はあんまりいないようです。

 

 

引き寄せの法則で成功した、という人達を見て、

 

「お前らは実際に今成功した後だからそういうことが言えるんだろ!」

 

と嘆く人は決して少なくないでしょう。

 

引き寄せの法則のようなマインド系のノウハウに関してはそう叫びたくなるのは無理もないことです。気持ちは分かります。

 

何しろ、願っただけで望みが現実になるなら苦労はないですからね。効果も目に見えづらい。

 

 

 

ただ、引き寄せの法則には確かに効果があるらしいとそれを承知で言わせて頂きます。

 

僕も実際に試してみて効果を実感できたからです。

 

 

ネットビジネスのことでなくて恐縮なのですが、僕は働きながら第三種電気主任技術者という資格を取得したことがあります。

 

第三種電気主任技術者は「工業高校を優秀な成績で卒業した学生」レベルの資格で、合格率も8%前後と結構低め。

 

年に一度しか開催されない4科目の試験で、3年間で4科目全てに合格すれば免許が得られるという資格ですが、一旦合格した科目も3年経てば免除取り消しとなり、再び受けなければなりません。

 

運も絡みますが、10年以上受け続けても受からない泥沼状態に陥る人もいます。

 

あと、僕は元々文系学部に所属していました。数学だとか物理だとかはいつも最低限の点数が取れるぐらいしか勉強していませんでした。

 

 

手前味噌ですが、そんな男が理系の難関資格に元・文系の身で、仕事をやりながら合格したと言えば僕の越えたハードルの高さに説得力が付くのでは無いでしょうか?

 

僕はそれを、引き寄せの法則を使って成し遂げました。

引き寄せの法則には、セルフイメージを固めるために様々なノウハウがあります。

 

「私は〇〇だ、私は○○だ」と何かを意識して思い込む、叶った状況をリアルに思い描くというのは本来結構無理のある行為ですからね。

 

その無理を少しでも取り除くためのノウハウです。

 

ノウハウの中で代表的なものは

 

  • 叶えたいことを紙に書きまくる
  • 鏡に向かって自分に言い聞かせる
  • 落ち着いた環境で瞑想する
  • いろんなものに感謝する
  • 潜在意識を書き換える

 

 

といったものがあります。
その中で実際に僕が引き寄せの法則を使うために使っているモノは

  • 叶えたいことを紙に書きまくる
  • いろんなものに感謝する

 

の2つです。

 

引き寄せの法則を扱ったブログではどのノウハウもまんべんなく実践されているようですが、僕は鏡に向かって話すというのが不気味に思えたし、何かをしていないと落ち着かないし、潜在意識を書き換えると言われてもチンプンカンプンだったのでこの2つに落ち着きました。

 

これは実用書などを読む時にも当てはまることですが、そのノウハウの一部でも継続することさえ出来れば、確実に人生が上向いていきます

 

ただ、一つ注意して頂きたいのは幾らなんでもすぐに願いを叶えるのは無茶ということです。

 

 

「一億円欲しいなぁ」

 

ボトッ

 

「親方!空からアタッシェケースが!」

 

 

こんなの不気味ですよね?嬉しいけど

 

続けることが大事なのです。これはよく覚えておいて下さい。

 

 

とにかく僕は、電験の勉強をしていた時は無地の紙に「電験受かる電験受かる電験受かる電験受かる電験受かる…」ととにかく書きまくっていました。

 

何かをしてもらった時はもちろん、特に何も無い時も「ありがとう」という習慣もいつしか身に付きました。

 

 

その結果、僕はどうにかこうにか電験に受かったというわけです。

 

 

皆さんも少しずつでも引き寄せの法則を使いこなす習慣を身に着けて夢を叶えていきましょう。

今回のまとめ

 

  • 引き寄せの法則は効く
  • 自分に合ったセルフイメージの作り方を選ぼう
  • 結果をすぐに求めるのは流石に無茶

 

関連ページ

年に120日休みがない会社はブラック扱いでいい
管理人、中島拓の考えについて
転職が不安なら副業をやろう
管理人、中島拓の考えについて
住むところを自由に決められるアフィリエイトビジネス
管理人、中島拓の考えについて
定年まで働くことが想像できない
管理人、中島拓の考えについて
短期目標を目指す際の注意点
管理人、中島拓の考えについて
管理人の夢
管理人、中島拓の考えについて
自分を信じるもう一つの方法
管理人、中島拓の考えについて
思い通りにならないことに悩み続けた結果
管理人、中島拓の考えについて
「勝ち組」って何だ?
管理人、中島拓の考えについて
社会不適合者は就職しづらい辛い世の中
管理人、中島拓の考えについて
習慣を身につけるコツを調べてみた
管理人、中島拓の考えについて
セミリタイアしないと辛い未来が待っている?
管理人、中島拓の考えについて
何故勉強がつまらないのか?座りっぱなしでは勉強にならない!
管理人、中島拓の考えについて
辛いなら、一旦仕事を辞めてみるのも良い
管理人、中島拓の考えについて
田舎で働きたいならアフィリエイト
管理人、中島拓の考えについて
好きなことをして生きていく方法は無いのか?
管理人、中島拓の考えについて
お金があれば幸せなのか?
管理人、中島拓の考えについて
30代を目前にして仕事観を振り返ってみた
管理人、中島拓の考えについて
プレミアムフライデーの最も贅沢な過ごし方
管理人、中島拓の考えについて
チャンスを掴む人の共通点
管理人、中島拓の考えについて
先延ばし癖が直らない理由
管理人、中島拓の考えについて
セルフイメージは嘘?セルフイメージはこんなにも強力!
管理人、中島拓の考えについて
成功するために成功したい理由を並べてみた
管理人、中島拓の考えについて
今の時代貯金は無意味なので自己投資をしよう
管理人、中島拓の考えについて
昇給を目指すよりも副業をやろう
管理人、中島拓の考えについて
人のせいにする限りは一生幸せになれない
管理人、中島拓の考えについて
成功するまでは仕事を辞めないほうがいい
管理人、中島拓の考えについて
30代の自分から見た幸せとは
管理人、中島拓の考えについて
将来が不安なら、自分で稼ぐ術を身に着けよう
管理人、中島拓の考えについて
退職してから転職活動をした感想
管理人、中島拓の考えについて
こんな労働環境で働きたいです。
管理人、中島拓の考えについて
引き寄せの法則の失敗談
管理人、中島拓の考えについて
働きだすと長い休みが取れなくなるのは嫌だ
管理人、中島拓の考えについて
週末が思うように過ごせないのは平日の辛さに原因があった
管理人、中島拓の考えについて
外国には病気休暇というものがあるらしい
管理人、中島拓の考えについて
やりたいことなんて無くて当たり前
管理人、中島拓の考えについて
飲み会に時間を使いたくない
管理人、中島拓の考えについて
習慣づくりに決意なんて邪魔なだけ
管理人、中島拓の考えについて
これまでに僕が試した「怒りを消す方法」
管理人、中島拓の考えについて
落ち込みやすい、怒りっぽい人は自分に取り込む情報を選ぼう
管理人、中島拓の考えについて
時間を犠牲にしてまでお金を稼ぎたくない
管理人、中島拓の考えについて
簡単な時間の作り方
管理人、中島拓の考えについて
ランキングに従うような生き方に疑問を持って良かった
管理人、中島拓の考えについて
僕が派遣社員を選んだ理由
管理人、中島拓の考えについて
一人暮らしは自分を高めるのに役立つ?メリットを解説してみた。
管理人、中島拓の考えについて
心のブレーキを壊すには衝撃的な体験をするのが良い
管理人、中島拓の考えについて
やめられない習慣をやめるための第一歩
管理人、中島拓の考えについて
あなたが成功するのは本当に良い事なのか?
管理人、中島拓の考えについて
自己投資してはいけない理由を必死で考えてみた
管理人、中島拓の考えについて
学校教育の「常識」は自由へのブレーキを育てる
管理人、中島拓の考えについて
考えることは行動することからは最も遠いもの
管理人、中島拓の考えについて
感情をコントロールすれば成功できる確率は飛躍的に上昇する
管理人、中島拓の考えについて
社会人に向いていないなと悟った時
管理人、中島拓の考えについて
社会人という言葉が嫌い
管理人、中島拓の考えについて
プラス思考の力が信じられないなら、信じなくても良いんです!
管理人、中島拓の考えについて
「他人のせいだ」がなくなれば人生は確実に変わっていく
管理人、中島拓の考えについて
1日8時間働くという常識
管理人、中島拓の考えについて
他人に定められた休みでは心が休まらない
管理人、中島拓の考えについて

TOPに戻る お問い合わせ プロフィール おすすめ記事 メルマガ