やりたいことがどんどん遠ざかる

自分がやりたいことを見つける上で、基本となるのは
他の誰でもない自分自身に目を向け続けることです。

 

漠然と「やりたいこと」なんて言われたら
将来の夢レベルのことを思い浮かべると思いますが
そんなに重く考えなくてもいいです。

 

なんとなくやってみたいという欲望も
立派に「やりたいこと」といえます。

 

自分自身の過去現在未来。

 

過去で言えば、
昔取り組んでいて楽しかったことだとか
達成して物凄く嬉しかったこと
を思い出したり、

 

現在未来で言えば
「今日の夕飯はカレーが良いなぁ」
みたいな小さなことから
「一度でいいからスカイダイビングがやってみたい」
のようなちょっと勇気のいることまで
色々受け入れて「じゃあ実際にやってみよう!」と
あれこれ試しているうちに、

 

色々ヒントが見つかってくるもんです。

 

もうとにかくベッドに寝転びたい?
どうぞどうぞ。

 

逆に、やりたいことから遠ざかる方法はなんでしょうか?
答えは簡単。他人の目を気にすることです。

 

 

思い起こせば、僕の中高生生活は
いつも他人からどう思われているか
仕方なくていつも憂鬱な気分でした。

 

あの頃は他人からからかわれるのが大嫌いでした。
今もまぁさほど好きではないです。

 

でも、あまりにしつこい「いじり」からは黙って去るくらいには
今では分別はついています。

 

しかしながら当時は
僕をいじって暇をつぶそうとする同級生にイライラして、

 

「僕の好きな娘に悪いイメージを持たれるだろ!」
みたいに更に周囲の反応を気にして、

 

「ああもうだめだ、若いうちに恋愛出来なきゃもうおしまいだ…」
「せめて誰とも付き合えなくても幸せに生きられる人生を送らないと…
そうなるためには社会のエリートになって…」

 

みたいに思考がどんどんあらぬ方向に向かっていきました。

 

その結果、僕は「何をやりたいのか」がもやもやのまま
大人になってしまったんです。

 

いえ、正確にはなんとなく小説やら話やらを書きたいな
という気持ちはあったのです。

 

高校生の頃ネットでゲームを公開している人を見て
「自分も同じように作って公開したい!」と思ったんですよね。

 

でも当時は受験生で勉強の必要があったし、
親に自分の作品を見られると思うと気恥ずかしかったんです。

 

でも、大学に出て上京すれば僕は一人暮らし。
他人の目を気にしておどおどとする必要はありません。

 

で、実際それなりの大学に合格して、
親も安心して送り出してくれて、
上京先で使っても良いとPCも譲ってくれて
そうして何も気にせず作れる環境が整ったわけです。

 

そして大学に出てしばらくたったある日、
作品を作っていよいよ公開。

 

勇気を出してネットでゲームを作っている人たちの
コミュニティに飛び込んだことで、同じように作品を作って
笑い合ったりお互いを高め合う日々が始まりました。

 

僕は拙いながらも、興奮して必死で
シナリオを書きまくりました。とても楽しかったです。

 

ところが、ある日状況が変わりました。

 

悪く言えばなぁなぁ、しかし良く言えばほのぼのと
身内同士だけで楽しんでいたはずのコミュニティが
突如、何の前触れもなく匿名掲示板に晒されたのです。

 

悪意とかは無く、ただ良い物は広まってほしいという
一心だったようですが、
技量も何もなく作りたいという一心だけで作った僕の作品は
当然ながら酷評を受け、僕は失意に暮れました。

 

いわゆる「エゴサーチ」というやつを図らずもやってしまった
形になります。

 

人から酷く言われるのが輪をかけて嫌だった僕は
がむしゃらな創作意欲をかちかちに固めてしまいました。

 

それからはまぁ、正直停滞の日々でしたね。

 

ゲームの制作は続けたことは続けたんですが、
他人から容赦なく評価されることを恐れて
同じところを作り直しては公開するばかりで
一向に作品は進展しません。

 

一方、他のメンバーは作品を完結させたり、
アマチュアとは思えない技量を発揮したりして
巷で評判になったりしていきました。

 

対して僕はと言えば、
彼らの技量や頑張りと自分を比べて気後れするように。

 

やがて、リアルが変化していく中で
更新ペース自体もぽつぽつと途切れていき…

 

結局未完成のまま、おとなになってしまいました。
今でもこの作品は結構僕の未練です。

 

 

こんなこともあって、今では
自分のやりたいことに他人の目を勘定に入れても
ロクなことにならないと結論づけています。

 

「あの人は俺が持ってないものばかり持ってて妬ましい」
だとか
「こんなことしたら他人からどう思われるか…」
みたいに、自分の願望に他人の存在を挟むと、
本当にやりたいことから遠ざかってしまいます。

 

ゆえに、他人ばかり見ている人は
かつての僕のように、やりたいことから
自動的に遠ざかってしまいます。

 

だから、もういっそのことやりたい事を考える時は
自分のことだけを見ていましょうよ。

 

僕の場合はもう、他人の目を気にして自分を縛るのは
逆に疲れてしまったんでこうしてべらべらと恥ずかしい過去を
話して「やりたい事は結構楽に見つかるよ!」などと
主張してしまっています。

 

 

 

だいじょうぶです。

 

こんなキョロキョロした青春を送っていた僕でも
今や胸の内をブログランキングに晒すぐらいには
開き直れたのですから、きっとあなたにも出来ます。

 

 

いきなり他人の目なんて気にせず行動しろなんて言いません。

 

せめて、空いてる紙にでかでかと
「他人の目を一切気にしなかった場合の自分の願望」
を書くくらいはしてみましょう。

 

もちろん10や20思いつけば上出来です。

 

一度突き抜けてしまえば案外身も心もよく動きます。

 

 

 

どうかこれがあなたの大きな一歩になりますように。

 

中島拓へのメールフォームはこちら。気軽にご相談をどうぞ。

 

 

 


メルマガ・アフィリエイトランキング
ブログランキング参加中。良かったらクリックよろしくお願いします。

関連ページ

年に120日休みがない会社はブラック扱いでいい
管理人、中島拓の考えについて
転職が不安なら副業をやろう
管理人、中島拓の考えについて
住むところを自由に決められるアフィリエイトビジネス
管理人、中島拓の考えについて
定年まで働くことが想像できない
管理人、中島拓の考えについて
短期目標を目指す際の注意点
管理人、中島拓の考えについて
管理人の夢
管理人、中島拓の考えについて
自分を信じるもう一つの方法
管理人、中島拓の考えについて
思い通りにならないことに悩み続けた結果
管理人、中島拓の考えについて
「勝ち組」って何だ?
管理人、中島拓の考えについて
社会不適合者は就職しづらい辛い世の中
管理人、中島拓の考えについて
習慣を身につけるコツを調べてみた
管理人、中島拓の考えについて
セミリタイアしないと辛い未来が待っている?
管理人、中島拓の考えについて
何故勉強がつまらないのか?座りっぱなしでは勉強にならない!
管理人、中島拓の考えについて
辛いなら、一旦仕事を辞めてみるのも良い
管理人、中島拓の考えについて
田舎で働きたいならアフィリエイト
管理人、中島拓の考えについて
好きなことをして生きていく方法は無いのか?
管理人、中島拓の考えについて
引き寄せの法則は本当に効果があるのか
管理人、中島拓の考えについて
お金があれば幸せなのか?
管理人、中島拓の考えについて
30代を目前にして仕事観を振り返ってみた
管理人、中島拓の考えについて
プレミアムフライデーの最も贅沢な過ごし方
管理人、中島拓の考えについて
チャンスを掴む人の共通点
管理人、中島拓の考えについて
先延ばし癖が直らない理由
管理人、中島拓の考えについて
セルフイメージは嘘?セルフイメージはこんなにも強力!
管理人、中島拓の考えについて
成功するために成功したい理由を並べてみた
管理人、中島拓の考えについて
今の時代貯金は無意味なので自己投資をしよう
管理人、中島拓の考えについて
昇給を目指すよりも副業をやろう
管理人、中島拓の考えについて
人のせいにする限りは一生幸せになれない
管理人、中島拓の考えについて
成功するまでは仕事を辞めないほうがいい
管理人、中島拓の考えについて
30代の自分から見た幸せとは
管理人、中島拓の考えについて
将来が不安なら、自分で稼ぐ術を身に着けよう
管理人、中島拓の考えについて
退職してから転職活動をした感想
管理人、中島拓の考えについて
こんな労働環境で働きたいです。
管理人、中島拓の考えについて
引き寄せの法則の失敗談
管理人、中島拓の考えについて
働きだすと長い休みが取れなくなるのは嫌だ
管理人、中島拓の考えについて
週末が思うように過ごせないのは平日の辛さに原因があった
管理人、中島拓の考えについて
外国には病気休暇というものがあるらしい
管理人、中島拓の考えについて
やりたいことなんて無くて当たり前
管理人、中島拓の考えについて
飲み会に時間を使いたくない
管理人、中島拓の考えについて
習慣づくりに決意なんて邪魔なだけ
管理人、中島拓の考えについて
これまでに僕が試した「怒りを消す方法」
管理人、中島拓の考えについて
落ち込みやすい、怒りっぽい人は自分に取り込む情報を選ぼう
管理人、中島拓の考えについて
時間を犠牲にしてまでお金を稼ぎたくない
管理人、中島拓の考えについて
簡単な時間の作り方
管理人、中島拓の考えについて
ランキングに従うような生き方に疑問を持って良かった
管理人、中島拓の考えについて
僕が派遣社員を選んだ理由
管理人、中島拓の考えについて
一人暮らしは自分を高めるのに役立つ?メリットを解説してみた。
管理人、中島拓の考えについて
心のブレーキを壊すには衝撃的な体験をするのが良い
管理人、中島拓の考えについて
やめられない習慣をやめるための第一歩
管理人、中島拓の考えについて
あなたが成功するのは本当に良い事なのか?
管理人、中島拓の考えについて
自己投資してはいけない理由を必死で考えてみた
管理人、中島拓の考えについて
学校教育の「常識」は自由へのブレーキを育てる
管理人、中島拓の考えについて
考えることは行動することからは最も遠いもの
管理人、中島拓の考えについて
感情をコントロールすれば成功できる確率は飛躍的に上昇する
管理人、中島拓の考えについて
社会人に向いていないなと悟った時
管理人、中島拓の考えについて
社会人という言葉が嫌い
管理人、中島拓の考えについて
プラス思考の力が信じられないなら、信じなくても良いんです!
管理人、中島拓の考えについて
「他人のせいだ」がなくなれば人生は確実に変わっていく
管理人、中島拓の考えについて
1日8時間働くという常識
管理人、中島拓の考えについて
他人に定められた休みでは心が休まらない
管理人、中島拓の考えについて

TOPに戻る お問い合わせ プロフィール おすすめ記事 メルマガ