皆で休めば怖くない?

これを書いている現在はお盆真っ盛りというわけで、
全国的に大型連休の運びとなっています。

 

あなたも連休を過ごしていることと思いますが、
もしそうでなければ本当に申し訳ありません!
と五体投地でお詫びいたします。

 

あなたの気持ちは痛いぐらい伝わってきます。

 

 

 

ところで、皆揃ってじゃないと大型連休が取れないって
なんかかえって問題あると思いませんか?

 

 

僕もこれまで3種の職業を体験していますが、
サービス業だろうと、工場従業員だろうと、
サラリーマンだろうと大型連休を一斉に取ろうとするのは
誰も得しない風潮だと思っています。

 

 

最初に就いたスーパーでは連休を取ることは出来ませんでした。

 

いえ、やろうと思えば取れることは取れるのですが、
一度やってみたら3連休を8連勤する羽目になりました。

 

店長は理由も聞かず頭ごなしに癇癪を起こしてくるような人なので
有休を取れたのは病気になった時と退職する時だけでした。

 

日曜日は忙しいからと休めたためしはなく、
家族と時間を合わせるのも一苦労。

 

平日はどこもかしこも空いているのでそれはそれで
ありがたかったのですが、ニュースから流れてくる
お決まりの「明日からの連休は〜」といったフレーズを
聞くたび舌打ちをしていました。

 

 

「飲食業や小売業ばかり
こんなに休みが少ないのはおかしくないか?」

 

「お盆や年末に休めないなら、別の時期に
同じぐらいの休みを従業員が順番で取れば良いだろ!?」

 

 

全国的なバカンスのシーズンになるたび、
ますます不満が大きくなっていきました。

 

 

そういうこともあって次の仕事は土日祝休みの
工場勤務を選んだのですが、これはこれで
大型連休時はどこもかしこも人だらけという事実を
学生時代以来に再確認する結果に。

 

もともとインドア派だったのも手伝って
僕はますます引きこもるようになってしまいました。

 

平日に休もうと思うと有休を使わなけばならない点は
ある意味、サービス業時代以上に不便に感じました。

 

何なんでしょうね、有休を使う時の後ろめたさは。
当然の権利だと定められているはずなのですが…

 

 

 

 

今でもネットで
「俺みたいなサービス業が正月に休めると思うなよ」
などという悲痛な言葉を目にするたび、

 

こういう連休の時期を選んで取れれば、どの職に就く人も
まとまった休みをとってリフレッシュ出来るのになぁ

 

と思わざるを得ません。

 

お盆や年末の決まった数日に大勢が休むのだから、常にお店に
人がいてお客さんに接しなければいけないサービス業界が
「皆が働いている時は忙しく、皆が休んでいる時はもっと忙しい」
というご無体な状態になっているのではないでしょうか。

 

今でもサービス業の休日日数は週休二日ギリギリの105日前後が
主流のようです。

 

20年ほど前は週に一日しか休めなかったという話なので
これでもかなり良くなったほうなのでしょうが、
それでもまとまった休みを取ってリフレッシュ出来る、
というにはまだまだほど遠い日数です。

 

サービス業がやりたいと言う人にはなんとも
窮屈な世の中はどうやらまだまだ続きそうですね。

 

 

追記
あなたがこの状況にどうにも我慢できないというなら、
人生を自分でデザインしていくのも一つの道です。

 

とはいえ自分のオフィスやお店を持とうと思ったなら
目が飛び出るような大金が必要になります。

 

 

ですが今はインターネットがあります。

 

 

思い立ったら自分のホームページを立ち上げて
その日から始めることが出来ます。

 

一度稼ぐ仕組みを作ってしまえば
あなたが寝ている時も、遊んでいる時も
独りでにお金を稼いできてくれます。

 

あとは更に働くのも、思い切って長い休みを取ってみるのも
思いのままにすると良いでしょう。

 

 

 

追記の追記

 

現在住んでいる町は海沿いにあるので、
今日は折角なので海岸に出てみました
(のんびりしたかったのでやや波が強いのが残念でした)

 

 

海水浴場は無いので、幸い人は少なく
気楽な気持ちで座っていられます。

 

朝は朝食だ通勤だ忘れ物はないかと忙しくしたりせず、
こうやって海でも眺めてのんびり過ごしていたいもんです。

 

 

 

 

中島拓へのメールフォームはこちら。気軽にご相談をどうぞ。

 

 

 


メルマガ・アフィリエイトランキング
ブログランキング参加中。良かったらクリックよろしくお願いします。

関連ページ

年に120日休みがない会社はブラック扱いでいい
管理人、中島拓の考えについて
転職が不安なら副業をやろう
管理人、中島拓の考えについて
住むところを自由に決められるアフィリエイトビジネス
管理人、中島拓の考えについて
定年まで働くことが想像できない
管理人、中島拓の考えについて
短期目標を目指す際の注意点
管理人、中島拓の考えについて
管理人の夢
管理人、中島拓の考えについて
自分を信じるもう一つの方法
管理人、中島拓の考えについて
思い通りにならないことに悩み続けた結果
管理人、中島拓の考えについて
「勝ち組」って何だ?
管理人、中島拓の考えについて
社会不適合者は就職しづらい辛い世の中
管理人、中島拓の考えについて
セミリタイアしないと辛い未来が待っている?
管理人、中島拓の考えについて
何故勉強がつまらないのか?座りっぱなしでは勉強にならない!
管理人、中島拓の考えについて
辛いなら、一旦仕事を辞めてみるのも良い
管理人、中島拓の考えについて
田舎で働きたいならアフィリエイト
管理人、中島拓の考えについて
好きなことをして生きていく方法は無いのか?
管理人、中島拓の考えについて
引き寄せの法則は本当に効果があるのか
管理人、中島拓の考えについて
お金があれば幸せなのか?
管理人、中島拓の考えについて
30代を目前にして仕事観を振り返ってみた
管理人、中島拓の考えについて
プレミアムフライデーの最も贅沢な過ごし方
管理人、中島拓の考えについて
チャンスを掴む人の共通点
管理人、中島拓の考えについて
先延ばし癖が直らない理由
管理人、中島拓の考えについて
セルフイメージは嘘?セルフイメージはこんなにも強力!
管理人、中島拓の考えについて
成功するために成功したい理由を並べてみた
管理人、中島拓の考えについて
今の時代貯金は無意味なので自己投資をしよう
管理人、中島拓の考えについて
昇給を目指すよりも副業をやろう
管理人、中島拓の考えについて
人のせいにする限りは一生幸せになれない
管理人、中島拓の考えについて
成功するまでは仕事を辞めないほうがいい
管理人、中島拓の考えについて
30代の自分から見た幸せとは
管理人、中島拓の考えについて
将来が不安なら、自分で稼ぐ術を身に着けよう
管理人、中島拓の考えについて
退職してから転職活動をした感想
管理人、中島拓の考えについて
こんな労働環境で働きたいです。
管理人、中島拓の考えについて
引き寄せの法則の失敗談
管理人、中島拓の考えについて
働きだすと長い休みが取れなくなるのは嫌だ
管理人、中島拓の考えについて
週末が思うように過ごせないのは平日の辛さに原因があった
管理人、中島拓の考えについて
外国には病気休暇というものがあるらしい
管理人、中島拓の考えについて
やりたいことなんて無くて当たり前
管理人、中島拓の考えについて
飲み会に時間を使いたくない
管理人、中島拓の考えについて
習慣づくりに決意なんて邪魔なだけ
管理人、中島拓の考えについて
これまでに僕が試した「怒りを消す方法」
管理人、中島拓の考えについて
落ち込みやすい、怒りっぽい人は自分に取り込む情報を選ぼう
管理人、中島拓の考えについて
時間を犠牲にしてまでお金を稼ぎたくない
管理人、中島拓の考えについて
簡単な時間の作り方
管理人、中島拓の考えについて
ランキングに従うような生き方に疑問を持って良かった
管理人、中島拓の考えについて
僕が派遣社員を選んだ理由
管理人、中島拓の考えについて
一人暮らしは自分を高めるのに役立つ?メリットを解説してみた。
管理人、中島拓の考えについて
心のブレーキを壊すには衝撃的な体験をするのが良い
管理人、中島拓の考えについて
やめられない習慣をやめるための第一歩
管理人、中島拓の考えについて
あなたが成功するのは本当に良い事なのか?
管理人、中島拓の考えについて
自己投資してはいけない理由を必死で考えてみた
管理人、中島拓の考えについて
学校教育の「常識」は自由へのブレーキを育てる
管理人、中島拓の考えについて
考えることは行動することからは最も遠いもの
管理人、中島拓の考えについて
感情をコントロールすれば成功できる確率は飛躍的に上昇する
管理人、中島拓の考えについて
社会人に向いていないなと悟った時
管理人、中島拓の考えについて
社会人という言葉が嫌い
管理人、中島拓の考えについて
プラス思考の力が信じられないなら、信じなくても良いんです!
管理人、中島拓の考えについて
「他人のせいだ」がなくなれば人生は確実に変わっていく
管理人、中島拓の考えについて
1日8時間働くという常識
管理人、中島拓の考えについて
人の目を気にし過ぎると自分を見失う
管理人、中島拓の考えについて
そもそも自己投資って何なの?という人が見るページ
管理人、中島拓の考えについて
社内ニート気味の僕の過ごし方
管理人、中島拓の考えについて
上手な愚痴の吐き方
管理人、中島拓の考えについて
ソーシャルゲームに見る習慣化の仕組み
管理人、中島拓の考えについて
自信がつくメカニズムは結構単純なのかもしれない。
管理人、中島拓の考えについて

TOPに戻る お問い合わせ プロフィール おすすめ記事 メルマガ