常識って恐ろしい

あなたは「会社員になったら1日8時間働くのが普通のなのはおかしい」と思ったことがありますか?

 

そもそも、何故フルタイムの仕事といえば1日8時間が普通とされているかを調べたことがありますか?

 

 

 

 

 

6:30:眠気まなこを擦りながら起床。働き始めの胃にご飯を詰め込む。
7:30:急いで準備をして出勤。満員電車に揺られるのがつらい。
8:30:早めに会社に到着。PCを立ち上げる。
9:00:朝礼。仕事開始。ちゃんと眠ったはずなのに眠気が取れない。
12:00:昼休憩。ようやく一息。急いでご飯を食べて仮眠時間を確保。
13:00:休憩が終わり午後の仕事が始まる。
15:00:午後の仕事が始まってやっと2時間経ったことに軽く愕然。
17:00:ようやく5時かとホッとすると同時に残業があることに溜息。
19:00:やっと残業が終わる。疲れた足で帰路につく。
20:00:帰宅。ベッドでボーッとしたいが身の回りのことを済ませる。
23:30:ゆっくりしていたらもうこんな時間。今寝ないと明日が辛い。

 

 

会社員として生きる道を選んだ場合、週5日をこのようなタイムラインで過ごすことになります。

 

会社で働いている10時間+休憩1時間+通勤に2時間=13時間。
そして睡眠に7時間。

 

そう考えると、家にいられる時間は

 

24-13-7=4時間

 

と仕事に使っている時間に比べるとかなり短いものになります。

 

この他に家のことを済ませなければならないので、自由に使える時間は更に短くなりますね。

 

一月を生きるのに必要な金額を稼ぐには仕方ないと流すには、あまりにも大きな代償なのではないでしょうか?

 

 

 

僕は新しい仕事に就く度にこんな風に1日何時間自由に使えるかどうかの計算をしては、ため息を付いていました。

 

「ああ、残業がなければなぁ…」と。

 

 

残業が必要なければ、とりあえず帰宅後3時間くらいは自分のために使えますからね。

 

大学時代から残業前提の仕事量には眉をひそめていたので、実際仕事をするようになってからはその気持ちは一層強くなりました。

 

 

 

しかしながら、20代半ばにして更に別の疑問が浮上することに。

 

あれ?そもそも1日8時間ってどういう基準で決まってるんだ?
そもそもなんで自分は、1日8時間働くことが当然だと思っているんだ?

 

 

誰から教えてもらったわけでもないのに1日8時間労働をすんなり受け入れているのって不思議ですよね?

 

 

何のこともありません。僕らは子供の頃から朝から夕方まで学校にいるのが普通でした。

 

何故か。大人からそう言われたからです。

 

僕らの親も朝早く出て暗くなってからようやく帰ってくるのが普通でした。

 

 

こうやって子供の頃から少しずつ、1日の大半を規律の中で過ごすことに疑問を抱かないようになっていったんでしょうね。

 

 

生きる糧を得るため1日の大半を規律の中で過ごすことを何の根拠もなく常識として受け入れてしまっていることに、僕は恐怖を覚えました。

 

1日8時間は100年前に定められた基準だった

では、その1日8時間労働の出処は一体どこだったのでしょうか?

 

まず、産業革命で膨れ上がった労働時間を抑制するために19世紀の初め頃に「働きすぎは人間に良くない」ということでヨーロッパで提唱されたのが始まりでした。

 

その基準を元に1947年に制定された労働基準法で日本の1日の最長労働時間が8時間と定められたというわけです。

 

なんてことでしょうか。この国の会社員は70年前の決まりに未だ縛り付けられたままなのです。

 

 

仕事は1日8時間!と制定された70年前と比べると、現代は圧倒的にテクノロジーが進化しています。

 

 

機械化が進み、工場で大量生産をするために膨大な数の従業員を雇う必要がなくなりました。

 

筆記で書くと時間のかかる漢字もこの通り、僅かな時間でタイプすることが出来ます(この間8秒)。

 

乗り物や通販システムの発達により、家にいながらでもお金を稼ぐ手段があればそれだけで生活が成り立ってしまいます。

 

 

 

だというのに、会社員の労働時間はいつまでも70年前の基準がベースです。

 

変ですよね。

 

 

 

プレミアムフライデー制度なんかがようやく導入されたようですが、大企業だろうと大した導入は進んでいません。このぶんだと一日の労働時間の基準が目に見えて減る頃には僕ら30代前後の人間はしわしわの老人になっているんでしょうね。

 

追記

 

テクノロジーの進化は一家に一台PCをもたらしてくれました。

 

今や、家に居ながらにして世界中の人と一瞬でつながり、自分のコンテンツを発信することが可能です。

 

しかるべき手順を踏めば会社の時給なんて目にならないくらいの金額を稼ぎ出してしまえます。

 

会社の時給にとらわれずに自分で稼いで好きなように生活をデザインしてみるのも一つの道です。

 

 

大企業に入れば安泰と言われていた時代よりも、可能性は遥かに広がっているのです。

 

 

中島拓へのメールフォームはこちら。気軽にご相談をどうぞ。

 

 

 


メルマガ・アフィリエイトランキング
ブログランキング参加中。良かったらクリックよろしくお願いします。

関連ページ

年に120日休みがない会社はブラック扱いでいい
管理人、中島拓の考えについて
転職が不安なら副業をやろう
管理人、中島拓の考えについて
住むところを自由に決められるアフィリエイトビジネス
管理人、中島拓の考えについて
定年まで働くことが想像できない
管理人、中島拓の考えについて
短期目標を目指す際の注意点
管理人、中島拓の考えについて
管理人の夢
管理人、中島拓の考えについて
自分を信じるもう一つの方法
管理人、中島拓の考えについて
思い通りにならないことに悩み続けた結果
管理人、中島拓の考えについて
「勝ち組」って何だ?
管理人、中島拓の考えについて
社会不適合者は就職しづらい辛い世の中
管理人、中島拓の考えについて
習慣を身につけるコツを調べてみた
管理人、中島拓の考えについて
セミリタイアしないと辛い未来が待っている?
管理人、中島拓の考えについて
何故勉強がつまらないのか?座りっぱなしでは勉強にならない!
管理人、中島拓の考えについて
辛いなら、一旦仕事を辞めてみるのも良い
管理人、中島拓の考えについて
田舎で働きたいならアフィリエイト
管理人、中島拓の考えについて
好きなことをして生きていく方法は無いのか?
管理人、中島拓の考えについて
引き寄せの法則は本当に効果があるのか
管理人、中島拓の考えについて
お金があれば幸せなのか?
管理人、中島拓の考えについて
30代を目前にして仕事観を振り返ってみた
管理人、中島拓の考えについて
プレミアムフライデーの最も贅沢な過ごし方
管理人、中島拓の考えについて
チャンスを掴む人の共通点
管理人、中島拓の考えについて
先延ばし癖が直らない理由
管理人、中島拓の考えについて
セルフイメージは嘘?セルフイメージはこんなにも強力!
管理人、中島拓の考えについて
成功するために成功したい理由を並べてみた
管理人、中島拓の考えについて
今の時代貯金は無意味なので自己投資をしよう
管理人、中島拓の考えについて
昇給を目指すよりも副業をやろう
管理人、中島拓の考えについて
人のせいにする限りは一生幸せになれない
管理人、中島拓の考えについて
成功するまでは仕事を辞めないほうがいい
管理人、中島拓の考えについて
30代の自分から見た幸せとは
管理人、中島拓の考えについて
将来が不安なら、自分で稼ぐ術を身に着けよう
管理人、中島拓の考えについて
退職してから転職活動をした感想
管理人、中島拓の考えについて
こんな労働環境で働きたいです。
管理人、中島拓の考えについて
引き寄せの法則の失敗談
管理人、中島拓の考えについて
働きだすと長い休みが取れなくなるのは嫌だ
管理人、中島拓の考えについて
週末が思うように過ごせないのは平日の辛さに原因があった
管理人、中島拓の考えについて
外国には病気休暇というものがあるらしい
管理人、中島拓の考えについて
やりたいことなんて無くて当たり前
管理人、中島拓の考えについて
飲み会に時間を使いたくない
管理人、中島拓の考えについて
習慣づくりに決意なんて邪魔なだけ
管理人、中島拓の考えについて
これまでに僕が試した「怒りを消す方法」
管理人、中島拓の考えについて
落ち込みやすい、怒りっぽい人は自分に取り込む情報を選ぼう
管理人、中島拓の考えについて
時間を犠牲にしてまでお金を稼ぎたくない
管理人、中島拓の考えについて
簡単な時間の作り方
管理人、中島拓の考えについて
ランキングに従うような生き方に疑問を持って良かった
管理人、中島拓の考えについて
僕が派遣社員を選んだ理由
管理人、中島拓の考えについて
一人暮らしは自分を高めるのに役立つ?メリットを解説してみた。
管理人、中島拓の考えについて
心のブレーキを壊すには衝撃的な体験をするのが良い
管理人、中島拓の考えについて
やめられない習慣をやめるための第一歩
管理人、中島拓の考えについて
あなたが成功するのは本当に良い事なのか?
管理人、中島拓の考えについて
自己投資してはいけない理由を必死で考えてみた
管理人、中島拓の考えについて
学校教育の「常識」は自由へのブレーキを育てる
管理人、中島拓の考えについて
考えることは行動することからは最も遠いもの
管理人、中島拓の考えについて
感情をコントロールすれば成功できる確率は飛躍的に上昇する
管理人、中島拓の考えについて
社会人に向いていないなと悟った時
管理人、中島拓の考えについて
社会人という言葉が嫌い
管理人、中島拓の考えについて
プラス思考の力が信じられないなら、信じなくても良いんです!
管理人、中島拓の考えについて
「他人のせいだ」がなくなれば人生は確実に変わっていく
管理人、中島拓の考えについて
他人に定められた休みでは心が休まらない
管理人、中島拓の考えについて

TOPに戻る お問い合わせ プロフィール おすすめ記事 メルマガ