癖になるととても恐ろしい

中島拓です。今回は少し厳しいお話をします。

 

 

あなたが人生を確実に変えるために出来ることがあります。

 

それは、自分の不満を他人のせいにしないことです。

 

 

 

 

「愚痴を言うのは何も産まないのでやめましょう」という言葉をあなたも耳にしたことがあるかも知れません。

 

 

愚痴というのは「どうしようもない現実に対する不満」と定義されています。

 

「あの人が職場から消えてくれればいいのに」
「このシリーズのゲームはもう駄目だ」
「政府はさっさと景気を良くしろ」

 

誰しもが、このような「一見どうしようもない」不満を抱えて生きています。

 

そうした不満を口にするというのは「間違ったものを批判する自分の感覚は正しい」とうっとりする気持ちと切っては切れないものです。

 

快感があるということは、癖になりやすいということです。

 

 

 

ネットの上では人に対して言いづらい愚痴も気軽に発信できるので、リアルの世界以上に攻撃的な愚痴がまかり通る場所となっています。

 

そして、愚痴を吐いた所で何も変わりはしないので、いつまでも吐き続けることが出来ます。嫌なことのはずなのに、愚痴を吐くという一点から見ればとてもお得です。何を言ってもなくならないのですから。

 

 

そうして、「俺が嫌な気分になっているのはお前のせいだ」とずっと言い続けることが出来ます。

 

 

これを繰り返すことでいつしか、愚痴を吐くことが趣味のレベルにまでに育ちます。

 

愚痴を吐くことで生まれるものがあるとしたら、おそらくはこのライフワークのことを指すのでしょう。

 

 

 

今、あなたは「俺が嫌な思いしてるのはあいつのせいなのに人聞きの悪いことを言うな!」と思っているかも知れません(もしあなたが既に不満を豊かな形で昇華されているのなら申し訳ありません)。

 

ですが、その不満がある日突然ばっさり解消されたとしても、愚痴を吐くことがすっかり好きになってしまった人がそのおかげで幸せな気持ちになることはありません。

 

不満がなくなったことで一時的にはスカッとするでしょうが、また新たな不満の種に出会えば同じことを繰り返すことになるでしょう。

 

 

非常に厳しい言い方になりますが、その繰り返しを続ける原因はあなた以外の場所にはないはずです。

自分で解決出来ることに目を向ける

では、不満を誰にも口にせず耐えて耐えて生きるのが正解でしょうか?

 

それはおすすめできません。多くの場合、被害者意識に拍車をかけるばかりで悪循環を強化することになります。

 

 

 

この悪循環を断ち切るものはやはり

 

自分で解決出来ることに目を向ける勇気

 

です。

 

 

この勇気を育てるのは、自分が不満に思っていることを小さなものから解消していく積み重ねにほかなりません。

 

それには、日頃から自分が嫌だと思っていることを自分の手で消していく習慣を身に着けることです。

 

「あの人が職場から消えてくれればいいのに」という不満があれば、自分が別の部署に移れないか上司にかけあってみる。あるいは転職活動を始める。

 

「このシリーズのゲームはもう駄目だ」と思うなら執着をさっさと捨ててしまう。

 

「政府はさっさと景気を良くしろ」と思ったなら、自分の手でもっとお金を稼げないかを模索し、取り組んで見る。

 

 

いきなりそういった思い切った行動が難しいのなら日常の些細なことからでも構いません。

 

机の足が一つだけ短くて使いづらいと思ったなら、その足を補強してみる。

 

いつも通勤に使っている道が混んでいてうんざりしているのなら、もっと空いている道がないか調べてみる。または通勤する時間をずらしてみる。

 

 

そういった何かを変える積み重ねが状況を動かす喜びと更に動く勇気につながっていくのです。

まとめ

そんなわけで、今回は自分の愚痴は自分のものでしかないというお話でした。

 

実践する以前に、この事実を認めるのはたいへん勇気のいることです。

 

日頃から他人や、他人の生み出しているものへの不満が大きい人ほど、必要な勇気の量は多いものになるでしょう。

 

しかし、それはそのまま不満だらけの世界が明るいものに変わる度合いだと思って下さい。

 

ここが変わっただけで、あなたを取り巻く多くのものが変わっていきます。

 

 

 

中島拓へのメールフォームはこちら。気軽にご相談をどうぞ。

 

 

 


メルマガ・アフィリエイトランキング
ブログランキング参加中。良かったらクリックよろしくお願いします。

関連ページ

年に120日休みがない会社はブラック扱いでいい
管理人、中島拓の考えについて
転職が不安なら副業をやろう
管理人、中島拓の考えについて
住むところを自由に決められるアフィリエイトビジネス
管理人、中島拓の考えについて
定年まで働くことが想像できない
管理人、中島拓の考えについて
短期目標を目指す際の注意点
管理人、中島拓の考えについて
管理人の夢
管理人、中島拓の考えについて
自分を信じるもう一つの方法
管理人、中島拓の考えについて
思い通りにならないことに悩み続けた結果
管理人、中島拓の考えについて
「勝ち組」って何だ?
管理人、中島拓の考えについて
社会不適合者は就職しづらい辛い世の中
管理人、中島拓の考えについて
習慣を身につけるコツを調べてみた
管理人、中島拓の考えについて
セミリタイアしないと辛い未来が待っている?
管理人、中島拓の考えについて
何故勉強がつまらないのか?座りっぱなしでは勉強にならない!
管理人、中島拓の考えについて
辛いなら、一旦仕事を辞めてみるのも良い
管理人、中島拓の考えについて
田舎で働きたいならアフィリエイト
管理人、中島拓の考えについて
好きなことをして生きていく方法は無いのか?
管理人、中島拓の考えについて
引き寄せの法則は本当に効果があるのか
管理人、中島拓の考えについて
お金があれば幸せなのか?
管理人、中島拓の考えについて
30代を目前にして仕事観を振り返ってみた
管理人、中島拓の考えについて
プレミアムフライデーの最も贅沢な過ごし方
管理人、中島拓の考えについて
チャンスを掴む人の共通点
管理人、中島拓の考えについて
先延ばし癖が直らない理由
管理人、中島拓の考えについて
セルフイメージは嘘?セルフイメージはこんなにも強力!
管理人、中島拓の考えについて
成功するために成功したい理由を並べてみた
管理人、中島拓の考えについて
今の時代貯金は無意味なので自己投資をしよう
管理人、中島拓の考えについて
昇給を目指すよりも副業をやろう
管理人、中島拓の考えについて
人のせいにする限りは一生幸せになれない
管理人、中島拓の考えについて
成功するまでは仕事を辞めないほうがいい
管理人、中島拓の考えについて
30代の自分から見た幸せとは
管理人、中島拓の考えについて
将来が不安なら、自分で稼ぐ術を身に着けよう
管理人、中島拓の考えについて
退職してから転職活動をした感想
管理人、中島拓の考えについて
こんな労働環境で働きたいです。
管理人、中島拓の考えについて
引き寄せの法則の失敗談
管理人、中島拓の考えについて
働きだすと長い休みが取れなくなるのは嫌だ
管理人、中島拓の考えについて
週末が思うように過ごせないのは平日の辛さに原因があった
管理人、中島拓の考えについて
外国には病気休暇というものがあるらしい
管理人、中島拓の考えについて
やりたいことなんて無くて当たり前
管理人、中島拓の考えについて
飲み会に時間を使いたくない
管理人、中島拓の考えについて
習慣づくりに決意なんて邪魔なだけ
管理人、中島拓の考えについて
これまでに僕が試した「怒りを消す方法」
管理人、中島拓の考えについて
落ち込みやすい、怒りっぽい人は自分に取り込む情報を選ぼう
管理人、中島拓の考えについて
時間を犠牲にしてまでお金を稼ぎたくない
管理人、中島拓の考えについて
簡単な時間の作り方
管理人、中島拓の考えについて
ランキングに従うような生き方に疑問を持って良かった
管理人、中島拓の考えについて
僕が派遣社員を選んだ理由
管理人、中島拓の考えについて
一人暮らしは自分を高めるのに役立つ?メリットを解説してみた。
管理人、中島拓の考えについて
心のブレーキを壊すには衝撃的な体験をするのが良い
管理人、中島拓の考えについて
やめられない習慣をやめるための第一歩
管理人、中島拓の考えについて
あなたが成功するのは本当に良い事なのか?
管理人、中島拓の考えについて
自己投資してはいけない理由を必死で考えてみた
管理人、中島拓の考えについて
学校教育の「常識」は自由へのブレーキを育てる
管理人、中島拓の考えについて
考えることは行動することからは最も遠いもの
管理人、中島拓の考えについて
感情をコントロールすれば成功できる確率は飛躍的に上昇する
管理人、中島拓の考えについて
社会人に向いていないなと悟った時
管理人、中島拓の考えについて
社会人という言葉が嫌い
管理人、中島拓の考えについて
プラス思考の力が信じられないなら、信じなくても良いんです!
管理人、中島拓の考えについて
1日8時間働くという常識
管理人、中島拓の考えについて
他人に定められた休みでは心が休まらない
管理人、中島拓の考えについて

TOPに戻る お問い合わせ プロフィール おすすめ記事 メルマガ