収入を会社に依存すると危険

あなたは収入源をいくつ持っていますか?

 

会社だけ?

 

だとしたら、あなたは気付かないうちに
相当のリスクを取っています。

 

 

何故ならば、あなたは会社の思いのままに
操られなければならないからです。

 

 

「そんなことはない、会社と従業員は対等な関係だ
」と反論したい方もいるでしょう。

 

本当にそうでしょうか?

 

  • 「君、〇〇に転勤してくれ」
  • 「次はこちらに異動願います」
  • 「残念ながら次のボーナスは前年同期比3割カットだ」

 

例えば、このようなことを言われたとしても、
現在の暮らしを守るためには首を縦に振って従うしかありません。

 

住み慣れた場所を、思い入れのある役割を、
生活費は彼らの思いのままです。

 

 

 

会社の方針に従えなくなったなら転職活動をするしかないのですが、
会社に籍をおいたまま転職活動をしなければ
根性なしと見なされて選考において不利な扱いを受けます。

 

よって、いい転職先を探そうとするなら自分の暮らしを維持しつつ
転職活動を行なうことになるのですが、これがまた想像を上回る労力を要するのです。

 

転職先を探している間も状況は変わっていきます。
ひょっとすると、転職活動どころでは無くなるかもしれません。
そうなると転職を諦めるか、現職を諦めるかの二択になります。

 

 

 

僕の経験上、会社と従業員が対等だというのは
「休みはこうで、賃金はこうです」「わかりました」
と最初に契約を結ぶその瞬間においてのみ言えることです。

 

真面目に会社の仕事をやっていれば
給料が上がっていった時代なら
多少の不自由さにも目はつむれたのでしょうが、
現在は一部の大企業のみにその面影を残すのみです。

 

寄らば大樹の陰、長いものには巻かれろ
と昔の人が言うように、日本人のDNAは
基本的に大きいものに従うように特化されています。

 

しかし、残念ながらそれで良かった時代はもう終わってしまいました。

 

会社に依存している限り
安定に見せかけた不安定さばかりが続いていくのです。

 

 

会社に人生を預けて早30年。
車や家賃の支払いに給料の大半が消えていく。
楽しみといえばお金の掛からないテレビや安いゲームだけ。
それで満足と思っていた矢先に思わぬ出費が…

 

気付いた頃にはそんな細々とした生活を送っていた、
なんてことも起こり得ます。

 

 

 

その不安定さは、
自分で稼ぐすべを身に着けることで解決します。

 

 

 

転売ビジネスを始めてみるのもいいでしょう。
株を勉強し始めるのもいいでしょう。
SOHO、アフィリエイトのようにネットで稼ぐのもいいでしょう。

 

正直なところを言ってしまうと、雇用契約を介さず
自分でお金を稼ぐことを覚えると
長時間労働を始めとした、生活のために我慢していた不自由さが
馬鹿馬鹿しく感じられる
ようになってしまうのが「欠点」ですが、
そうしたら自分の心に従って行動するのも良いと思います。

 

人は楽をするために技術や制度を発達させてきたはずです。
その文明に振り回され続けるのは、なんとも哀しいことですからね。

 

追記

 

どんなビジネスも諦めなければ月数万円程度を稼ぐことは難しい話ではありません。

 

ただ、稼げるようになるとビジネスに取られる時間が問題になってきます。

 

例えば僕がせどりをやっていた頃には、どうしても商品の仕入れと出荷に時間を割く必要がありました。

 

 

自由を追求するなら自動で資産を生み出してくれる仕組みを作ることにでしょう。

 

この自動化の仕組みを作るには、アフィリエイトビジネスを学ぶことをオススメします。

 

 

 

 

 

関連ページ

雇われ仕事が馬鹿馬鹿しくなった日のこと
雇われるのがつらいです。
高圧的な上司は一利なし
雇われるのがつらいです。
昔は面接が簡単だった
雇われるのがつらいです。
待っていても日本の労働観は良くならない
雇われるのがつらいです。
残業前提の仕事なんて嫌だ
雇われるのがつらいです。
楽な仕事もいつまでも続くとは限らない
雇われるのがつらいです。
自分の休みは自分で決めたい
雇われるのがつらいです。
独りでできる仕事で自由になろう
雇われるのがつらいです。
外国人は仕事に対して割とフランク
雇われるのがつらいです。
仕事で軽くうつ気味になった時の話
雇われるのがつらいです。
労働基準法は守られない
雇われるのがつらいです。
地元密着型スーパーマーケットの思い出
雇われるのがつらいです。

TOPに戻る お問い合わせ プロフィール おすすめ記事 メルマガ