自分の休みは自分で決めたい

観光シーズンの混みっぷりは
どうにかならないんでしょうか?

 

 

現在、全国的にゴールデンウィークまっただ中です。

 

皆さんの中にも観光地に出向いて
人の多さに嘆息している方もいらっしゃることでしょう。

 

僕自身圧倒的なインドア派なので
基本的に観光地の混みっぷりがどうのこうの言うことは
無いのですが、この時期恒例の渋滞情報を見るたび呆れます。

 

せっかくの高速道路なのに数分でやっと
何百メートルしか進めずにいる光景。

 

皆で揃って同じ時期に休んで、疲れていては世話がありません。

 

 

この時期、観光地に行かなくても
人の多さに辟易とする機会はあります。

 

 

 

昨日の記事で、気分転換として思い切って
親子連れひしめくフードコートで勉強している、
とお伝えしました。

 

勉強を捗らせるためによく使う手ですが、
では、僕が人混みが好きなのかと聞かれれば
勿論そんなことはありません。

 

僕だって席数に余裕のある状態のほうが好きです。

 

 

 

こういった、ちょっと出かけるだけで人混みに遭う事態は
好きな時に連休を取れるようになれば解決します。

 

皆が休まない時期にあえて連休をとって、
快適な旅路、快適な観光地、快適な宿泊施設で
ゆったりと休暇を過ごす。

 

かきいれ時特有の特別料金だって
支払う必要はありません。

 

 

ただ、実態として有給休暇で連休を取れる企業は
未だに限られています。

 

連休が取れるのは皆も休んでいる土日祝日だけです。

 

逆に平日に休みを入れるようなサービス業は
一般的に年休が少なく、有給休暇どころか
連休を取ることすら困難です。

 

僕がスーパーで働いていた時は7日間連続で働いて
どうにか三連休を取れるかどうかでした。

 

家にこもって連勤の疲れを癒やすので手一杯です。

 

現状、思うように休みを取れる企業は一握りに過ぎません。

 

これから先、皆が当たり前のように有給を全消化出来るぐらい
日本の労働者の立場が強くなったとして、
それは一体いつのことでしょうか?

自分の仕事を持てば、人混みに悩まされることもなくなる

そんな状況は自分の仕事を持つようになれば
一気に解決します。

 

ここで注意しておきたいのが、
自分の仕事を持つようになるというのと、
単に自営業になるというのが
厳密には違うということです。

 

仮に脱サラしたとしても、

 

  • 決まった時間に決まった場所にいなければいけない…
  • いつもお客さんを相手にしなければいけない…
  • 在庫をさばかなければいけない…

 

こんなことに追われる生活を送っていたのであれば
雇われていた頃と大した違いはありません。

 

「休みは少しあれば良いから、
とにかく念願だった自分の仕事がやりたい!」

 

そんな生き方を真に望むことは
たいへん素晴らしいことと思います。

 

どうか、あなたの夢が実現しますように。

 

ですが、この記事を読んでいらっしゃるあなたは
違うかも知れません。

 

それなら、自分とは別の誰かが
働いてくれる仕組みが必要です。

 

アフィリエイトビジネスも
在宅で好きなだけ稼ぐことが出来ると言われていますが、
実際のところ、真にマイペースで生きるためには
特別なやり方が必要となります。

 

そのやり方を知りたい方のために、
メルマガを準備しようと思います。

関連ページ

雇われ仕事が馬鹿馬鹿しくなった日のこと
雇われるのがつらいです。
高圧的な上司は一利なし
雇われるのがつらいです。
昔は面接が簡単だった
雇われるのがつらいです。
待っていても日本の労働観は良くならない
雇われるのがつらいです。
残業前提の仕事なんて嫌だ
雇われるのがつらいです。
楽な仕事もいつまでも続くとは限らない
雇われるのがつらいです。
独りでできる仕事で自由になろう
雇われるのがつらいです。
収入を会社に依存すると危険
雇われるのがつらいです。
外国人は仕事に対して割とフランク
雇われるのがつらいです。
仕事で軽くうつ気味になった時の話
雇われるのがつらいです。
労働基準法は守られない
雇われるのがつらいです。
地元密着型スーパーマーケットの思い出
雇われるのがつらいです。

TOPに戻る お問い合わせ プロフィール おすすめ記事 メルマガ